スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォシュレット(TOTOアプリコット)の水漏れ、同じく瞬間温水タイプに交換

先日、トイレに入るとマットが濡れていて、最初は誰か手洗いの水をこぼしたんだろうと思っていましたが、次に入るともっと靴下がびしょ濡れに。 おかしいと思って見てみると、便座から水滴がぽたぽたと落ちているじゃありませんか。

左横前方斜め下から
DSC00986.jpg

左下から
DSC00988.jpg

給水部分の本体から漏れているようです。

一応、給水フィルターも見てみましたが関係ありません。
修理も考えましたが、もう10年以上使用しており、他の部分が壊れても面倒だし、水と電気を使っていて安全面を考えて、思い切って交換してしまうことに。

今までの温水便座は、瞬間給湯のTOTOアプリコットシリーズなのですが、気に入っていたので、同じ現行シリーズから選ぶことにしました。 瞬間給湯タイプは、瞬間の消費電力は大きいのですが、お湯を貯めておかないので、湯切れもなく節電になります。

今までのものアプリコットの4グレード中、下から2番目のものでしたが、温風乾燥はほぼ使いませんでしたので、値段の差が結構あるため一番下のグレードのF1A TCF4711AM(オート便器洗浄付き)をチョイス。 色は今まで通り汚れの目立たないパステルアイボリーです。

便器タンク内のオート便器洗浄ユニットの交換が面倒でしたが、便器の掃除含めて、約2時間くらいで交換出来ました。
また10年以上はもって欲しいところです。

DSC00992.jpg

DSC00993.jpg

リモコンは、コストダウンのためか蓋がなくなり、全体に小ぶりになってボタンが少し押しにくくなったのが少し残念なところです。









スポンサーサイト

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

キッチンの照明を超省エネ?なLED(人感センサー付き)に交換

キッチンの照明は直管のHfインバータ蛍光灯の32W形2灯タイプ。
消費電力はというと66W(全光束6910lm)。
10年近く前は消費電力が特に大きいわけでもありませんでしたが、ここにきて効率が上がってきたLED照明と比べると少し大きい。

これを半減できるLED照明があればそろそろ変えようかと探してみましたが、キッチンベースライトとして同じような細長いタイプは意外に少なく、消費電力は30W後半となるものの全光束は4500lmと暗くなり、消費効率は120lm/Wくらいとあまり変わらないのです。

そこで目をつけたのが、オフィスなどの施設照明。
消費効率が180lm/Wと家庭用を大きく超えるたいへん高効率なものがありました。

目をつけた東芝のTENQOOというシリーズの40タイプW120ハイグレードタイプ昼白色だと182.1lm/W。
器具光束5100lmと十分あっても消費電力28Wと大変少ない。
これなら今までの42%の消費電力で済みます。

種類・組合せも豊富なのですが、選んだのは、人感センサー付きで20%点灯の調光あるいは消灯が出来るタイプの
LEKT412521HYN-LD9。
接続工事が必要ですが、交換したところ。

20151213キッチンLED照明

交換してみると、元の蛍光灯照明より全光束が小さいのですが、かなり明るい。
蛍光灯照明は、カバーが本体より大きく天井方向まで光が拡散していましたが、これは本体より拡散カバーが小さいためでしょう、天井方向にはあまり光が拡散しないようで、その分真下が明るい感じです。
色温度は5000Kで同じ昼白色なのですが僅かに色温度が高いのかもしれません。

ちなみに、人感センサーは、3分あるいは6分の応答時間とセンサー切が選べます(施工確認用は5秒)。
3分で20%点灯(減光)の設定で使用していますが、なかなか具合が良いです。
20%点灯の消費電力も20%とすれば6W程度なので、夕方~就寝前までスイッチを入れておいても電気代を気にせずに済みますね。

-----



テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

小屋裏(天井裏)にFMアンテナ

今やWebやスマホのradikoでFM放送を聴くことが出来ますが、HiFiオーディオで聴くには、低ビットレートゆえ音質が悪し。

以前から小屋裏に簡易的に1素子のFMアンテナを置いていましたが、受信状態が今一つ。
カタログを見ると、3素子だと4dBくらい、5素子なら6dBくらい利得がとれそう。

しかし、FMの放送塔は、東京スカイツリー(NHK-FM、J-WAVE)、東京タワー(TOKYO-FM、InterFM)、神奈川県秦野市の大山(FMヨコハマ)、千葉県船橋市の三山(bayfm78)、埼玉県の飯盛峠(NACK5)とあちこち方角が異なります。

5素子の方が利得はとれるものの、指向性が鋭くなり、あちこちの放送塔からの電波を受けるには不利とか、小屋裏の余裕から大きくて向きを変えるのも厳しそう(3素子の2倍くらいの長さ)、ということで、3素子を購入してみました。

FMアンテナ3素子小屋裏

本来は水平に設置すべきなのですが、垂木にヒモでくくりつけただけなので、斜め27°くらいでしょうか。
(方角も放送塔を向いているわけでもなく、細かいことは気にしても大差無いということで)

少し向きを変えたりしてみましたが、今のところ、NACK5はステレオだとジョリジョリ歪んでモノやHi-Blendしないと厳しいものの、それ以外は、実用十分な感じです。




テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

イケアの格安断熱シェードBRUDDANS(2016年モデルチェンジでHOPPVALS)

先週に続き、もう一つ、窓の断熱強化をご紹介。

Bruddans1.jpg

IKEAの断熱シェードBRUDDANS(2016年少しフレーム形状が変わり商品名がHOPPVALSとなった)です。
60cm幅155cm高のサイズで2,000円前半とハニカムシェードとしては安価(最大のものは120cm幅210cm高)。

ちょうど窓枠幅が60cm強だったので、コマンドタブ(はがせる両面テープ)で上部フレーム両サイドを貼っただけ。

Bruddans2.jpg

出来は安いだけあって少々隙間が空いたりします。

Bruddans3.jpg

寒い日に下を少し開けると冷気を強く感じますので、効果は大きいよう。
難点は、開け閉めが面倒だし、開け閉めを頻繁に行うと短期間で壊れそうなため、昼間閉めていられる窓に限られることでしょうか。

テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

腰高窓でもカーテンでお手軽な省エネ・断熱アップ

もう暖かい日も増えてきましたが、この冬行った窓の断熱強化をご紹介。

ペアガラスで樹脂や木製のサッシでも、窓の断熱性能は、壁のそれに比べて数分の1しかないので、カーテンの下の隙間に手をかざすと冷気が落ちてくるのが分かります。
このため、カーテンを床に触れるまで長くすると、冷気の侵入を抑えられるので、掃出し窓では行われている家庭も多いと思いますが、腰高窓ではカーテンを新たに買い替えなければなりませんよね。

そこで、考えること数年(笑)
これです。



窓枠外側にマグネットをねじ止めし、棚レールを磁石の力でくっつけカーテン押さえにする方法です。

マグネットは小さくても磁力が強く、ねじ止め用の穴の開いたネオジム・マグネット。
一方、棚レールは、ホームセンターで見つけた和気産業の「フィット棚支柱 白」ステンレスSUS430で幅10mm、厚さ3mmという小ぶりなタイプです。

DSC00002.jpg

DSC00013.jpg

棚レールにはねじ止め用の穴が開いているので、その穴を利用して、ふさ掛けからヒモでぶら下げておけば、カーテンを開けた時に床に落ちることはありません。

これでカーテンを閉めた後に一手間必要なのが玉にきずといったところでしょうか。




テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

加湿器の購入

昨年のことですが、加湿器を買い替えました。
昨年末買ったのは、パナソニックのFE-KFK05。

加湿器パナソニックFE-KFK05

それと昨年3月頃にもう一台、パナソニックのFE-KFJ05、これはKFK05相当の旧モデル。
KFK05でDCモーターになり消費電力がかなり小さくなったので、買い替えを早まってしまいましたorz
ということで、現在これらの2台体制です。

選定の基準は、第一に運転音が静かなこと、第二に効率(加湿能力/消費電力)が良いこと、第三に手入れが楽なこと。
ディスク気化式は、ディスクの掃除が大変なので、今度はフィルター気化式をチョイス。

第一の運転音ですが、ずっとディスク気化式の加湿器を使ってきましたが、使うモードは弱かたまに中まででした。
これはファンの音が25dB程度まででないと耳障りで気になるためです(効率が悪化し消費電力面も良くないですが)。

ということで、パナソニックの加湿器の取説から音が30dB以下を抜粋してみると、次のとおり。

大容量モデル
FE-KFE15: 29dB 10W 750mL/h(弱)
FE-KFE10: 21dB 6W 500mL/h(弱)

標準モデル
FE-KFK07: 22dB 3.5W 330mL/h(弱)
FE-KFK05: 22dB 3.5W 330mL/h(弱)、26dB 4.5W 420mL/h(中)

一方、温度22~23℃で湿度30%を維持するのに一日に必要な加湿量は、真冬の乾燥した日だと10L以上になるので、大容量モデル一台か標準モデル2台は必要です。
大容量から選べば、FE-KFE15だとややうるさく効率低いのでFE-KFE10となりますが、奥行大きくて置ける場所がありませんでした。
ということで、FE-KFK05(&旧モデルFE-KFJ05)を選んだわけです。






テーマ : 電化製品
ジャンル : ライフ

2014年物ストレート・トマトジュース

先日スーパーに寄ってみたら去年まで見たことが無いトマトジュースを発見。
発見したのは、「カゴメ トマトジュースPREMIUM 2014数量限定」という国産トマトのストレートもの。

昨年、その年のストレートものが以前のブログのように出回ったのは8月半ば。
普通のペットボトルは900mlのところ720mlしかないのに少し値段が高い。
ただの今年の新物ストレートなのか、何か特別なのかよく分かりませんが、1ケース買ってみました。

20140809トマトジュース

帰ってから調べてみると、8月5日発売の数量限定もの。

どうせ違いなんて無いだろうと思っていましたが、冷やして飲んでみると、
あらっ、何これ?
いつものとかなり違う・・・何で?
トマトの品種が違うのか?・・・見てみると、「凛々子」で同じ。
製法が違うのかな・・・???

前日まで飲んでいたのは、カゴメ2013年の缶のストレートジュース。
比べてどう違うかというと、
もぎたてのトマトをかじった時にあるような青臭さがほとんど無く、酸味が少し強いみたいな・・・。
どちらが生のトマトを強く感じるかと言えば、普通のストレートの方ではないかと感じます。

人によってはPREMIUMの方が飲みやすいかもしれませんが、私は普通のストレートの方が好み。
飲み慣れるうち変わってくるかもれませんので、あくまで今のところですが。


テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

サッシ障子を交換

昨年のこと、書き忘れていたことがありました。

一昨年のブログの木製サッシの障子枠が湿っていた件、サッシの代理店の人にみてもらったところ、外側アルミクラッドとガラス間のシール不良らしいことが分かりました。

ということで、ガラス障子部分のまるごと無料交換となりました(保証10年間)。

201307サッシ障子交換

新しい障子枠の方がだいぶ色白、木の色が年数で変わったのが良く分かりますね。


テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

さやあかね収穫

先月のきたかむいの収穫に遅れること1ヶ月以上経つのに、何だかまだ花が咲いている茎も残っている「さやあかね」。

花

この猛暑、腐ってしまわないか心配なので今日掘ってしまいました。
茎によっては芽が出かかってしまっているようなものもあり、茎に育ちのばらつきが大きいみたい。

芽

きたかむい同様、収穫量は少なく、気候が合わないのか今年の天候によるのかもしれません(これで種いも1kg分)。

収穫分

この時期まで植えてあると虫食いも増えてくるようです(アリがたかっていたのでアリが食ったのか??)。


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

断熱タイプ天井点検口の気密不良の対策

我が家の天井点検口は、小屋裏収納があるため、その壁面に垂直に取り付けられています。
断熱タイプなので、点検口の扉を開くと、このように断熱材の内蓋があります。

1.jpg

しかし、天井に水平に付けることしか想定していないためなのでしょう、内蓋のロックがなく、風圧の影響か、直してもいつの間にか隙間が出来ています(接触面にある黒いものが、元々貼られている気密用ゴムスポンジテープ)。
今の時期、日中だと隙間から少し熱気も入ってきます。

2.jpg

今まで養生テープで固定したりしていましたが、じきに剥がれてしまったりするので、もう少しマシな対処をしてみることに。
ホームセンターで買ってきたのは、EPDMゴムフォームの戸あたり用の隙間テープ。
この厚さ6mmより薄いものが良かったのですが、種類が無いので仕方ありません。

3.jpg

全周の4辺に貼ってみたところ、やはり内蓋がきつくて閉まらず。
仕方なく、上辺、右辺の2辺のみ貼り付けに変更。

4.jpg

軽い力では簡単にずれないので、これで大分マシになったかなと思います。

5.jpg


テーマ : 住まい
ジャンル : ライフ

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

heimweg

Author:heimweg

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。